桜井市・三輪

マップへ戻る


奥山医院


三輪のまちなみ:池田邸

■地区概要

ここ三輪の町は、大神神社の門前町として、また初瀬街道・伊勢街道沿いの宿場町として、かつてはいくつもの宿が軒を連ね、多くの旅行者で賑わう活気のある観光地でした。いまはJR三輪駅の改札を抜けると、ひなびた商店街が続き、寂れた印象はぬぐえません。しかし、いまも日本最古といわれる大神神社や、豊かな自然に抱かれた山の辺の道、点在する歴史文化遺産をめざして、三輪の地を訪れる人が後を絶つことはありません。こうしたゲストに江戸時代から続く醸造元や和菓子店をはじめ街道筋の豪壮な町家の景観の中にも回遊していただきたいという願いがあります。このため、JR三輪駅前には、観光インフォメーションを兼ねた物販&おくつろぎ喫茶コーナー「軽茶テラス三輪座」が、町中には年間を通して楽しいコンテンツを提供できるギャラリー「醸(かもす)」という町家を活かした二つのまちづくり拠点が生まれました。平成21年度の国交省「建設業と地域の元気回復事業」の採択により、夢は町家の改修を伴って第一歩を踏み出すことができたのです。

■団体概要

平成17・18年度の奈良県とNPOとの協働事業「三輪地域における地域に根ざした景観まちづくり」への参加がNPO三輪座の原点です。大学生の卒論や、小学校の総合学習の調査研究で、生まれ変わったまちをシミュレーションするまでに発展しました。私たちは住民が自ら進んで「まちづくり」に参加し、企業や行政、教育機関と協働して、より良い地域づくりに知恵をしぼり汗を流すことが地元の発展への礎になることを確信しました。この二年間は桜井市民である私たちが、三輪の現状を一地域だけのことではなく桜井全体の現状としてとらえる機会でもありました。私たちは、三輪の歴史や産業・生活文化・自然環境を大切にして、うつくしい風景と「もてなし」の文化を醸成し、訪れる人の心に永く刻まれる「日本のふるさと」として次の世代に繋いで行くサンプルになることを心から願い、平成22年3月『特定非営利活動法人 三輪座』を設立しました。

■地区への思い

町毎月一日は大神神社の「お朔日参り」で、昔ほどではないにせよ多くのゲストが訪れます。特徴的なのはリピーターが多いこと、遠来のゲストは北海道から九州まで全国的広がりをもっていることです。最近は、纒向遺跡で発掘された大型建物跡が卑弥呼の宮殿である可能性も出てきたこともあり、地域資源に対する三輪住民の関心も高まってきました。古事記にも登場するロマンの地三輪山の麓に住む誇りをもってゲストを町中に誘いたいと思います。町家を改修したギャラリー醸は、ホスト側に町家はこのように改修できるというモデルとしても見てもらえます。醸の二階に腰をすえる一級建築士事務所は、今後町家を活かした飲食店や雑貨店への改修の相談にものる予定です。若い世代が三輪で食べていける希望がもてれば、町家バンク利用のユーザー開拓にもつながります。また跡継ぎ世代向けには、親の敷地内に町家の景観にマッチした次世代エコ住宅を提案できる可能性も…。そんな夢を描きながら三輪のまちづくりに携わっています。

マップへ戻る